スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ポルトガル

原点回避、これが庶民のワインなんだ。

ガタオ レッド

Gatao Red

参考小売価格:1200円

産地:ポルトガル/ヴィーニョ

品種: ティンタ・ロリス、トウリガ・ナショナル、ティンタ・バロッカ、トウリガ・フランカ

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

Gatao Red

景気が良いってわけじゃないのですが、最近購入単価が2千円前後のワインが増えてきたので、千円前後のワインがセラーに残ってると「うっ」ってなります。

庶民のワイン研究所と名乗っている以上、値段が全てとは言いませんが、千円前後の「赤」ワインは飲む前からテンションが上りません。

購入動機や、意気込み的には「ネタになればいいや」とか「酔うために飲む」とかそういった意味合いの方が強く、美味しさに期待する事はまずないです。

ただし、ポルトガルワインとなれば話は別。

2019年の殿堂入りワイン「ラパリーガ ダ キンタ ティント」を筆頭に、千円前後の定価設定でもハズレ率ゼロ。

「シリーズとして多種類が豊富」って点も、低価格ワインのハズレを回避する上で重要なファクター。

それらの要素を持ち合わせた今回のワイン、かなりの安心感をもって飲んでみました。

香りは華やかで心地よい香りですが、(安ワイン特有の)熟したさくらんぼの甘い香りが苦手は人はNGの方向性。

濃い人工的な味わいを予測しながら恐る恐る飲んでみたのですが、スイスイグイグイ飲めるジュース的な美味しさがあります。

軽い口当たりなのに、酸味と渋い要素もあるので、平均的なコンビニワインよりワンランク上の味わい。千円チリのカベルネ・ソーヴィニヨンや、南イタリアの安ワインを抵抗なく飲める層は大絶賛間違いなし。

当研究所的には、最近トラウマが続いている2〜3千円の自然派赤ワインよりよっぽど進めれる、庶民のワインですよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • コルク空けるのが気分的にしんどいのに、しっかりとした赤ワインが飲みたい時(このワインはスクリューキャップ)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。