オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ポルトガル

原点回避、これが庶民のワインなんだ。

ガタオ レッド

Gatao Red

参考小売価格:1200円

産地:ポルトガル/ヴィーニョ

品種: ティンタ・ロリス、トウリガ・ナショナル、ティンタ・バロッカ、トウリガ・フランカ

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

Gatao Red

景気が良いってわけじゃないのですが、最近購入単価が2千円前後のワインが増えてきたので、千円前後のワインがセラーに残ってると「うっ」ってなります。

庶民のワイン研究所と名乗っている以上、値段が全てとは言いませんが、千円前後の「赤」ワインは飲む前からテンションが上りません。

購入動機や、意気込み的には「ネタになればいいや」とか「酔うために飲む」とかそういった意味合いの方が強く、美味しさに期待する事はまずないです。

ただし、ポルトガルワインとなれば話は別。

2019年の殿堂入りワイン「ラパリーガ ダ キンタ ティント」を筆頭に、千円前後の定価設定でもハズレ率ゼロ。

「シリーズとして多種類が豊富」って点も、低価格ワインのハズレを回避する上で重要なファクター。

それらの要素を持ち合わせた今回のワイン、かなりの安心感をもって飲んでみました。

香りは華やかで心地よい香りですが、(安ワイン特有の)熟したさくらんぼの甘い香りが苦手は人はNGの方向性。

濃い人工的な味わいを予測しながら恐る恐る飲んでみたのですが、スイスイグイグイ飲めるジュース的な美味しさがあります。

軽い口当たりなのに、酸味と渋い要素もあるので、平均的なコンビニワインよりワンランク上の味わい。千円チリのカベルネ・ソーヴィニヨンや、南イタリアの安ワインを抵抗なく飲める層は大絶賛間違いなし。

当研究所的には、最近トラウマが続いている2〜3千円の自然派赤ワインよりよっぽど進めれる、庶民のワインですよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • コルク空けるのが気分的にしんどいのに、しっかりとした赤ワインが飲みたい時(このワインはスクリューキャップ)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com