オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

ヌーボー後はボジョレー土壌違いで

ボジョレールージュ レ ペピット グラヴェット 2018 ピエール ドレ

Beaujolais Rouge Les Pepites Gravette

参考小売価格:1980円税込み

産地:フランス・ブルゴーニュ・ボジョレー

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

10本以上のボジョレーヌーボーを飲み干し、舌の記憶が鮮明なうちにガメイの飲み比べをスタート。

土壌違いとかマニアックで攻めたワインセットを購入するのは私ぐらいかなと思う反面、道連れとして他の人にも味わってもらいたいガメイ探求。

美味しさを求めるよりは面白さを期待して飲んでみました。

結論から言うと軽いブショネ。

最後まで飲みきれたので、ブショネ慣れしていないと気づきにくいレベルですが、一度ブショネって先入観が入ると、ブショネの要素が脳内を侵食していき、逆にブショネの味を楽しんだりしてます。

「ブショネは100本に1本の割合である」を大手ワイン会社さんが書いていた記事を読んだ記憶があるのですが、今年飲んだ400本近いワインの中で、3本目のブショネなので、スクリューワイン差し引くと100本に1本説は実体験を持って本当だと宣言しておきましょう。

本日の組み合わせ

鴨鍋をピノ・グリージョと比較。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:未評価

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com