オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

【持論】ゲストには高いワインから出す

ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ロワイヤル ブリュット

Champagne Joseph Perrier Cuvee Royale Brut

参考小売価格:6300円ぐらい

産地:シャンパーニュ・コート・デ・ブラン地区

品種: シャルドネ35%、ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ30%

購入元:うきうきワインの玉手箱(楽天)

インポーター:株式会社JALUX

Champagne Joseph Perrier Cuvee Royale Brut

6月1日の企画、「うきうきワインVSセラー専科の福袋対決」でうきうきワインの方に入っていた1本。

平日の昼間でしたが、ワイン好きの来客があったので、開けてみました。

前日から冷蔵庫でキンキンに冷やしておりましたが、冷えて香りが閉じた状態でもキャッチできるナッツ香やトースト香に思わずニヤけます。

良い意味でどストレートなシャンパン風味。ブラインドで飲んでみても100%シャンパンと答えれますし、定価で購入していたとしても満足できている「スタンダードシャンパーニュ」

果実味も豊かで、適度なボリュームもあり、欠点らしい欠点が無く、ワイン好きの来客者もご満悦

これは余談ですが、予算を抑えるべくゲストをもてなす秘訣は「高いワインから出して満足させる」です。

酔ってくれば感受性も低くなりますし、シャンパンの後に濃い赤なんか飲ませると、必然的に「良いワイン」と思わせることが出来ます。定説では良いワインは後の方なんて言われたりするので、普通に考えても1本目がシャンパンだと身構えますもんね。

この日も、シャンパンの後は千円ワインを2種類出してみましたが、、、笑。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

無性にシャンパンが飲みたい時。来客者をもてなす初めの1杯に。シャンパンの味がどんなんだったか忘れかけた頃に。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com