オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ブルガリア

廉価ボトルの味わいから、標準タイプはどこまで飛躍するのか。

ベッサ ヴァレー ワイナリー エニーラ/BESSA VALLEY ENIRA

購入価格:2700円

産地:ブルガリア

品種:メルロ

購入元:アマゾン

2000円のワインで、1万円ぐらいの味わいを楽しめた、「プティ・エニーラ」

700円追加すればどんな世界に連れて行ってくれるのか、確かめずには要られませんでした。

庶民のワインとしてはかなり高額なワインですが、それほどまでに興味をそそられたワインです。

しかし、最近得た教訓が、

「期待をしすぎたハードルは、絶対に越えれないという事実。」

このワインもまさにその教訓が生かされない結果となってしまいました。

結論から言うと、値段相応。。。

普段飲んでいる格安ワインからすれば、とてもエレガントで味わい深いのですが、「プティ・エニーラ」で得た衝撃からすると、とっても寂しいです。

しかも、この感想は抜栓後3日目にようやく納得できた評価です。

初日、2日目は、硬くて、ガチガチで、、、

もし、普段のペースで飲んでしまっていたら、この味わいの変化に気づけず間違った評価でメモリセーブをしてしまっていたところ。

そこそこ値段のワインは、「温度」「体調」「時間帯」で味わいが激しく変化することを心して飲んで行かなくてはいけません。

また、そういった意味でこのワインは、熟成の経過によって、大きく化ける可能性を持っていると言えるでしょう。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com