ブルガリア

廉価ボトルの味わいから、標準タイプはどこまで飛躍するのか。

ベッサ ヴァレー ワイナリー エニーラ/BESSA VALLEY ENIRA

購入価格:2700円

産地:ブルガリア

品種:メルロ

購入元:アマゾン

2000円のワインで、1万円ぐらいの味わいを楽しめた、「プティ・エニーラ」

700円追加すればどんな世界に連れて行ってくれるのか、確かめずには要られませんでした。

庶民のワインとしてはかなり高額なワインですが、それほどまでに興味をそそられたワインです。

しかし、最近得た教訓が、

「期待をしすぎたハードルは、絶対に越えれないという事実。」

このワインもまさにその教訓が生かされない結果となってしまいました。

結論から言うと、値段相応。。。

普段飲んでいる格安ワインからすれば、とてもエレガントで味わい深いのですが、「プティ・エニーラ」で得た衝撃からすると、とっても寂しいです。

しかも、この感想は抜栓後3日目にようやく納得できた評価です。

初日、2日目は、硬くて、ガチガチで、、、

もし、普段のペースで飲んでしまっていたら、この味わいの変化に気づけず間違った評価でメモリセーブをしてしまっていたところ。

そこそこ値段のワインは、「温度」「体調」「時間帯」で味わいが激しく変化することを心して飲んで行かなくてはいけません。

また、そういった意味でこのワインは、熟成の経過によって、大きく化ける可能性を持っていると言えるでしょう。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/毎日更新のワインテイスティング日記/一般庶民のワイン好きの皆様、アル中予備軍様にお役に立てる情報を心掛けております。/上級ワインエキスパート