スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
チリ

19年殿堂入りさせたワインを3年ぶりに

モンテス・アルファ・メルロ 2020

MONTES ALPHA MERLOT 2020

参考小売価格:2530円税込

産地:チリ

品種: メルロ

購入元:エノテカ(楽天)

インポーター:株式会社エノテカ

エノテカさんの看板的銘柄であるモンテス。

当研究所が発足した当初にシリーズコンプリートした為、ここ3年ほど御無沙汰しておりましたが、楽天お買い物マラソンでお買い得になっていたのでメンテナンスがてら購入しました。

まず届いた瞬間に飲みたくなったのがこのメルロ。

過去に庶民のメルロとして殿堂入りさせまし、庶民のワインポイントも過去時点では最高なんて語ってました。その後、味覚や感性も変わっていそうなので楽しみだったのです。

無性に美味しい赤ワインが飲みたいタイミングで飲んでみました。

濃厚な色調にパワフルな化粧っけの強いアロマ。

バニラ香、ピーマン、青草、ミント、熟したプラム、ブルーベリージャム、インクなど複雑性はさすが。

柔らかい口当たりにまろやかな飲み心地。余韻にむけて酸味とタンニンが抜けていって、やっぱめちゃくちゃ美味しく感じます。

定価2500円も納得の味なのに、実質千円ちょっとで買えているので嬉しさ倍増。

グラス2杯で飲み飽きてしまうのは致し方ない欠点ですが、千円ちょっとでこの味が日常的に楽しめるならワイン好きはもっと増えるだろうと感じています。

しかし、オカルト的なことなのですが、翌日には頭痛がします。その日はこのワインを500ミリ飲んだだけなので普段よりアルコール摂取量は少ないのですが、不思議ですね。

自然派ワインを飲んだ翌日に頭痛がない説もどうかなって思う反面、バリバリのコントロール系ワインを飲んだ翌日はちょっと身体重たいです。安定して美味しいから飲むスピードが早いとかかもしれませんが。。

本日の組み合わせ

レトルト酢豚と合わせてみる。高め合うことはありませんでしたが、お互いの存在を壊すこと無く無難に楽しめましたよ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。