スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

普段飲みできるピエモンテその1

ランゲ ネッビオーロ 2018 テッレ エ ボルギ 

Langhe Nebbiolo 2018 TERRE E BORGHI

参考小売価格:1600円

産地:イタリア/ピエモンテ州

品種: ネッビオーロ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Langhe Nebbiolo 2018 TERRE E BORGHI

普段飲みできるピエモンテって触れ込みで、モトックスさんから新登場した「テッレ・エ・ボルギ」シリーズ。全三種類の中から今回はシャルドネを除くピエモンテ品種の2本を買いました。エチケット(ラベル)の親しみやすいデザインや、低価格でも安心の輸入業社モトックスさんなので、期待値高めで抜栓。

ネッビオーロの低価格帯は比較的地雷率が高く、結論から言うと今回も残念な印象。

香りが弱く、注ぎたてすぐに飲むと酸っぱさ満開。しばらく様子をみましたが、変化も少なく、終始酸味と渋さで典型的安ワイン。

水っぽさがないところにポジティブポイントは存在するものの、ポップなデザインとは対照的な親しみにくい味わい。

庶民のマリアージュを駆使すれば、美味しいワインに変貌を遂げることはできますが、アルコール慣れしていないライトな層には避けた方が無難かも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):49点

生産地:3点

アロマ :2点

バランス :2点

余韻 :2点

複雑性:5点

買いやすさ:3点

主観:2点

総合得点:68点

庶民のマリアージュ

新コーナーです。

ウェブや書籍で著者や販売元が提案する、ワインと料理の組み合わせは概ねって手の込んだ料理や、名前が横文字の気取ったメニューばかり。実際に再現できるのは富裕層の料理上手な専業主婦か、ガチで料理が趣味の人ぐらいではないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、当研究所では、毎日投稿したワインで身近なマリアージュを成立させます。実際に試しているわけではないですが、ワインの味わいからしっかりイメージを捉えますので、大きく外すことは絶対にありません。すなわち、「個人の主観です!」なんていいわけはしまませんよ。

では、さっそくこのワインに合う食べ物を提案させていただきます。

  • 焼き豚
  • 焼き鳥皮(タレ)
  • スパゲティーミートソース
  • ピザポテト
  • 三幸製菓のチーズアーモンド

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。