スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

外飲みと家飲みで変わる印象

ガンチア・プロセッコ・スプマンテ

GANCIA PROSECCO SPUMANTE

参考小売価格:1900円

購入価格:2130円

産地:イタリア/ヴェネト州

品種: グレーラ

購入元:アマゾン

インポーター:アサヒビール

GANCIA PROSECCO SPUMANTE

先月ぐらいにフラッと立ち寄ったバルで飲み、今まで抱いていたプロセッコ の概念を覆した衝撃的スパークリング。

大手輸入元(アサヒビール)だからどこでも売ってるだろうと量販店チェックをしていましたが、見つからずAmazonの定期購入を利用しました。

小売定価税抜き1900円なので、多少割高でも送料と思って利用しましたが、残念な結果に終わります。

立ち寄ったバルは、日本一美味しいジェノヴェーゼで有名なバール・バッフォーネ さん。開放感溢れるテラスと、ほろ酔いを通り越した二次会補正もあり、美味しいと錯覚してしまった説が大浮上

記憶にあった味わいは、分厚いボディーに強炭酸で爽快感も兼ね備えた高級ワイン的味わい。紅茶の風味を強く感じ、複雑性も兼ね備えたお店の割増価格でも大満足の1本でした。

しかし、家で飲んだ現実は否。

期待値を差し引いて感想を述べると、平均的なプロセッコ の範囲内には収まっているのですが、2千円購入ワインと考えると完全に地雷。

泡の量は中程度で、香りも柑橘主体で単調かつ弱め。多少コクは感じられるも、アルコールの浮いた感(無理くり添加したような印象)を受ける千円以下クオリティ。

しかし、抜栓時のコルク状態を振り返ると、えらく痩せ細っていたことを思い出します。

そして、再確認&写真をとるためにゴミ袋を漁るも見つからなかったので確証は掴めませんが、自分の中で劣化ワインの可能性を感じています。

やっぱ夏場は精神衛生上クール便利用した方がいいっすね。。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):46点

生産地:3点

アロマ :-

バランス :-

余韻 :-

複雑性:-

買いやすさ:-

主観:-

総合得点:評価保留

庶民のマリアージュ

お店の料理にぴったりだったので、下の外部リンクからお店の雰囲気を知ってもらえれば。。

https://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/column/12053/

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。