オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

初体験、高級ピノ・グリージョ

ピノ グリージョ 2021 スカルボロ 

PINOT GRIGIO Scarbolo

参考小売価格:3520円

産地:イタリア・フリウーリ

品種: ピノ・グリージョ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社風土

シャルドネやピノ・ノワールは庶民が避けるべきとブドウ品種と提言しているのですが、その理由として、過去の高級ワイン体験と比較してしまうからというのがあります。

そういった意味で、あまり高級ワインとして販売されていないブドウ品種を動画で取り上げており、ピノ・グリージョもその一つとして紹介していました。

しかし、今回のワインは定価3千円を超える高級なピノ・グリージョ。まず自分では選べないし、購入する勇気もわかない3000円ピノ・グリージョというワイン。鬼コスパに入っていたのには驚きましたし、購入の決め手にもなっています。

今まで千円前後のピノ・グリージョしか飲んできてなかったので、自分の中でゲームチェンジが起こるかもしれないと期待と不安半々の気分で飲んでみました。

パワフルなのに上品なアルコール感、キレキレの辛口なのに柔らかい口当たり。リッチな果実味やコクはしっかり高級ワインですが、自分が抱いているピノ・グリージョの延長線上にとどまってくれています。

コノスルで例えると、今まで飲んでいたピノ・グリージョがピシクレタシリーズで、今回のピノ・グリージョがレゼルバエスペシャルと言ったところ。

これからも千円ピノ・グリージョで戦えそうです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com