スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

頂き物でも忖度なしでコメントしますよ。

伊豆メルロ 2017

Izu Merlot 2017

参考小売価格:2700円ぐらい

産地:静岡/伊豆

品種: メルロ

購入元:頂き物

訳あって、ユーチューバーのつーくんから頂いたお土産ワイン。

日本ワインは味わいの満足度を考慮すると割高感があり、自分では買う気しないので、頂き物としてはシャンパーニュの次に嬉しく感じます。

今回の伊豆メルロはまさに「自分では絶対に選択肢に上がらないワイン」ながら、日本人としてテンションが上がる「伊豆」というキーワード。しかも比較的日本でも栽培実績が高いメルロなので、つーくんセレクトのセンスの良さが光ります。

そんだけ前置きしても、不味かったら正直に書き立てようと鼻息荒く挑んだのですが、飲んでみたら普通に旨い!

なんか、テロワールを感じるんですよね〜(伊豆テロワールがどんなのか知らんけど)。

しかし、試しにブラインドでソムリエに飲んでもらいましたが、チリのカベルネ・ソーヴィニヨン的なコメントをいただきました。私にはラベルの情報から受けとっている偏見は少なからずあるようです。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):33点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :6点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:1点

主観:7点

総合得点:67点

庶民のマリアージュ

ワイン単体でしっくり味を噛み締めながら飲んでいただくタイプですが、あえて提案するとなれば、

牛すじの煮込み、ビーフジャーキー、ビーフシチュー、ポテトサラダ

ってところでしょうか。。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。