オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

ワインの名前の長さ大事。

ヴァレアンディーノ レゼルバ エスペシャル メルロー

VALLEANDINO RESERVA ESPECIAL MERLOT

参考小売価格:1599円

産地:チリ

品種: メルロ

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

低価格帯のチリワインは現状コノスルの一強なわけですけれども、大抵のチリワインは大きくハズレることがありません。

このヴァレアンディーノにしてもコノスルに負けてないクオリティなのですが、名前が長くて覚えにくいところがイマイチ流行らない理由だと感じています。

覚えやすい有名ワインを思い返してみてください。大抵が3〜4文字ではないでしょうか。

コノスル! アルパカ! サンタ! モンテス! 

はすぐに覚えれても

インドミタ!、フロンテラ!、フランジア!、コンチャ イ トロ、ロス ヴァスコス、バルディビエソ

と5文字以上になると一般的な知名度に差を感じます。

名前の長いワイナリーは名前で損してる気がするんですよね。

敬称だとか、DRCみたいにアルファベットの頭取ってキャッチーにするだとかどうでしょうね。

ヴァレアンディーノって覚えにくい。。。

めっちゃ美味いのに。。。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com