スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
チリ

カルメネールをレンジ違いで飲み比べ

パヌール カルメネール リザーヴ オークエイジド 2019

Panul Carmenere Reserve Oak Aged 2019

参考小売価格:1400円

産地:チリ・セントラル・ヴァレー

品種: カルメネール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

先日アップした900円カルメネールで十二分に満足できたのですが、少し価格を上げた今回のワイン「パヌール カルメネール リザーヴ オークエイジド 」も気になったので同じタイミングで飲み比べしてみました。

値段とラベルの雰囲気で先入観を持ってしまっているものの、一口飲んで値段の差がわかるレベルかと思いきやあんまり変わらない印象。

飲む前は900円ワインで感じた尖った要素は影を潜め、まろやかで口当たりの良い飲み心地を想像しておりましたが、誤差の範囲内。ネーミングのミスディレクションがなければ下記インポーターの統一性のあるテイスティングコメントにも納得。

↓今回のワイン

プラム、ラズベリー等の完熟した果実を感じさせる凝縮された魅力的なアロマとチョコレート香が見事にベストマッチ。非常にバランスの良い味わいの赤ワインです。

https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=655619

↓安い方

チリの代表品種カルメネールの旨味が詰まったワインです。チョコやプラムを想わせるアロマと凝縮感、エレガントな余韻を持ちます。

https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?id=655615

テイスティングコメントってどれも同じに感じて書く方からすると難しいですが、「エレガントな余韻」ってパワーワードを気安く使ってしまうと、上級レンジでの表現に行き詰まりがあるいい例ですよね。自分も気をつけます。

本日の組み合わせ

ポルチーニとパンチェッタのトマトソースを食べながらカルメネール飲み比べ。



庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。