オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

久々の定価千円切りワインはやっぱチリで

ビニェードス エラスリス オバリェ パヌール カルメネール 2019

Vinedos Errazuriz Ovalle S.A.Panul Carmenere 2019

参考小売価格:900円

産地:チリ/セントラル・ヴァレー

品種: カルメネール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

流通コストを考えるとなかなか定価千円以下のワインは手を出しにくいですが、チリは関税や人件費が安いって理由で他国のワインより安心感があります。

このワインは定価900円なので、単純に生産者、運賃、輸入業者、小売店の利益計算すると安ワイン界隈(消費者)の為に存在するためだけのありがたきジャンル

カルメネールの飲み比べをするために飲んでみました。

香りは俗に言われる「青臭い」アロマで好みが分かれるタイプ。しかし特徴的な青野菜の要素は、飲む場面によっては大化けします。端的に言うと「甘濃系の料理」のお供で進化を発揮。

安いからって毛嫌いするのはもったいないですよ!

本日の組み合わせ

トルチーニとパンチェッタのトマトソースパスタ。

想像の範疇ですが、ワインと料理が完全に調和。安ワインは料理と合わせることで表情を変化させることができます。「ワインは〇〇円以上じゃないと飲めない!」って価値観をなるべく持たないようにしたいですね。



庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com