オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

ダークホースで一番好き

ダークホース ロゼ 2021

Dark Horse Rosé

参考小売価格:1500円ぐらい

産地:カリフォルニア

品種: グルナッシュ、バルベラ、ピノ・グリージョ

購入元:アマゾン

インポーター:サントリー

食中ワインとして万能なロゼワイン故に、もったいぶって、先月からずっとセラーの肥やしになっておりました。

飲みたいタイミングは「常に」でしたが、気を緩めるとロゼワインの補充は怠りがち。私の理想消費量は赤2割、白3割、ロゼ2割、泡2割、甘口1割の割合ですが、売り場で見かける比率が赤4割、白3割、泡2割、ロゼ1割ぐらいですからね。購入する割合もそれに近いものとなってしまいます。

ロゼが過小評価というよりは「赤ワイン」が過大評価されている気がします。濃い赤ワインなんて合わせる料理限られますからね。もちろんお高い赤ワインは鳥肌が立つような味のものもありますが、千円前後の赤ワインにそれを期待するのは難しい。となれば安くてもニュートラルな気持ちで飲めるロゼワインは普段のみにピッタリなのです。

このワインも至ってニュートラルなロゼワインですが、程よい甘さがアクセントになっていて特徴的。

公式のテイスティングノートでは果実味3.5、酸味3に対して甘み1でしたが、私の感覚では酸味と同程度を甘みを感じました。

とは言え、辛口としての甘みなので残糖感はありません。果物的な甘さでスッキリしています。

この日は激辛麻婆ナスと合わせましたが、ピリついた舌を沈静化させる仕事ぶりを発揮。

千円ロゼらしい軽やかさで、普段のみにピッタリの1本ですよ。

購入リンク アマゾン 楽天

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com