オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストリア

断食明けの「渇き」が深みを与える。

マインクラング グリューナー・ヴェルトリーナー 2019

Meinklang Grüner Veltliner 2019

参考小売価格:2100円

産地:オーストリア・ブルゲンラント

品種: グリューナー・フェルトリーナー

購入元:三本酒店

インポーター:株式会社ディオニー

断食明けに優しいワインが飲みたかったので比較的アルコール度数の低かった(11%)自然派ワインをチョイス。

瓶底に溜まっている大量の澱が、何だか体に優しそうな雰囲気を漂わせております。

外観は落ち着いた黄色。グラスを回すとぽわ~んっと漂う白花、白胡椒の心地よい香り。

味覚が敏感になっているせいか、刺さるような酸味に、鼻孔から抜ける柑橘フレーバーの余韻。

口の中で転がすと、「エレガント」って感じる深さを「若干」キャッチできますが、断食明けの「渇き」が美味しく感じさせている可能性もあり。

たまに休肝日って、実はメリットだらけって今更ながら気づいちゃいました。

本日の組み合わせ

ジェノベーゼ↓

おうちをレストランに変える食ブランド【TastyTable FOOD/テイスティーテーブルフード】
↑初回購入40%オフだったので本格パスタソースまとめ買い。

割引価格なら市販のソースや大手冷凍物と価格差ないので満足度高めですよ!

 

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

↓ワインに合わせやすい宅食、安い。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com