オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

リアルワインガイド掲載の旨いは本当なのか?

ザ・フラワー・アンド・ザ・ビー 2018

The Flower and the Bee

参考小売価格:2000円

産地:スペイン・ガリシア

品種: レイシャドゥーラ 

購入元:かめや

インポーター:モトックス

リアルワインガイドの2021ウインター号で紹介されていた旨安ワイン。今飲んで88+、ポテンシャル89と高点数が付けられていました。そもそもが80点台後半のワインしか載ってないので、個人的にはテイスターさんたちが70点60点を付けたワインの方が気になったりします。

そんな捻くれ思想は一旦おいておき、雑誌に掲載されるからと言って100%旨いとは言い切れません。好みの問題もあるし、売る側の気持ちになれば「色々とお察し的な事情」は無いほうがおかしいと言ったところ。

冷静に考えれば無限とも感じれる種類のワインから、何本飲んだうちの何本選出なのかが気になるのは私だけでじゃないはず。

推測や個人的な考えはインサイドストーリーズに場所を移すとして、このワインの感想を述べていきます。

結論から言うと美味しいのですが、その理由の一つに「今までに出会ったことのない未知の味わい」って要素があります。

如何にマイナーな土着品種であれど、〇〇に似ているって要素は少なからずあるのですが、このガリシア土着「レイシャドゥーラ」はあえて例えることすらも難しい味わい。

モモやパッションフルーツを主体とした果実の香りに、重すぎず、軽すぎない絶妙なバランス。どちらかと言えばフレッシュタイプなのに、しっかり余韻も残る良いワイン。

値段感も絶妙なラインで、きっちり定価通りに楽しめる味わい。

最近ワインに対する金銭感覚が狂いがちですが、冷静に考えれば2千円ってステーキや鰻買えますからね。そう考えると、このワインが私にくれた幸福度、イメージしやすいでしょ。

つまるところ、雑誌に載ってるだけの実力は感じられましたよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:3点

アロマ :6点

バランス :7点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:7点

総合得点:83点

庶民のマリアージュ 

少し甘めのジュースタイプなので、夕方のブレイクタイプで楽しみたい。

当研究所がテイスティングに使用している、神グラス↓旨さ爆上がりです(マジ)。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com