スペイン

「泡特集第11回目」オーガニックなスパークリング。

マシアサラットオーガニックカヴァブリュットNVジョセフマサックス

MASIA SALAT ORGANIC CAVA

参考価格:1490円

購入価格:12本で10800円

産地:スペイン/カタルーニャ/ペネデス

品種:マカベオ/チャレッロ/パレリャーダ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:株式会社タカムラ

庶民のワインポイント:76.6点

どんな製法かを詳しく調べもせずに「オーガーニック」って表示があるだけで「ロハス民」がドヤ顔しながらワインを飲む風景がとってもカオス。

そんな「自然派ホイホイ」のキラーフレーズとして一定の影響力のある「オーガーニック!」

そう、庶民のワイン中毒者としては、味の良し悪し抜きに「割高感」が否めない「オーガニック」ワインは普段「選定対象外」。

どんな手抜きなオーガニックでも、通常の農法より絶対にコストがかかるからである。

そして、無知な意識高い系ママ軍団はそれに群がる。

まぁ、「安くて旨けりゃ」そんなヘリクツはどうでも良いのが本心。

このワインはセット購入のため1本当たりの単価900円。

最初に述べたオーガニック偏見なんで関係ない価格。

しかと味わってみようぞ。

泡立ちは、今までの特殊の中だと低い方でしたが、香りが強く華やか。

フルーツよりは、オロナミンcっぽいビタミン香が強く、「どちらかといえばお高いワイン的な雰囲気」

使用品種はカバの定番3種類をバランスよくブレンドされているみたいですが、何処となく北部イタリアのスプマンテなイメージと重なります。

昨日のカバで絶賛したばかりなので、申し上げにくいのですが、このワインも好きな味わい。

  • 「タカムラ直輸入」(信頼できるインポーター)
  • 「オーガニック」(付加価値)
  • 「定価1500円前後」(お高いワイン)

なんて先入観抜きにべた褒めできる完成度。

香りのイメージそのままに、味わいもオロナミンC。でも、甘さや毒々しさはなく、正真正銘の瓶内二次発酵ワイン。

似たり寄ったりなCAVAとは一線を画す仕上がりは、今回の泡特集上位ランクに名乗り出てきそうな予感。

ちなみにちょうど10本を超えたので、現時点でのベスト3はこちら。

一位:至高の泡「ヴィノジア ヤーデ」

二位:本物シャンパーニュポワルヴェール ジャック

そして、今回のスパークリングが三位です。

庶民のワインポイント 

(点数の基準はここをクリック)

価格:100点

生産地:61点

買いやすさ:85点

売り文句:55点

テイスティングコメント見ながら味わいましたが、どうしても他ワインの引用に感じますわ。

ただし、販売促進説明文は完璧。とっても見習いたい美しい文章で、購買意欲が湧いてきます。

和梨青リンゴのような香りに、ライムやフレッシュハーブのグリーンノートが柔らかく広がります。口当たりも、シュワシュワと軽やかな柔らかさ。優しい果実味とミネラリーな味わいで、幅広い料理とも合わせやすいスパークリングです。 

https://item.rakuten.co.jp/wine-takamura/0499999004005/?iasid=07rpp_10095___e3-jzbubt0i-81c-99a5bb64-2de3-41e6-887d-984ab38024c5#0499999004005

アロマ:75点

複雑性:61点

余韻:66点

スパークリングにしては、持続性高い余韻

たいがくんポイント:94点

とっても好みの味

加算点前の平均:74.6点

メディア:0点

生産者:2点

SNS:0点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント