フランス/ローヌ地方

村名ローヌワイン(ドヤァ)でも「ヴィザン村」ってどこだろ?

ドメーヌ・ド・ラ・バスティード コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィザン

AOP Cotes du Rhone Villages Visan

参考価格:2214円

購入価格:1742円

産地:フランス/ローヌ/ヴィザン村

品種:シラー種45%、グルナッシュ種35%、ムールヴェドル種20%

購入元:ワインクラブ30

インポーター:株式会社フィラディス

庶民のワインポイント:79.5点

以前大絶賛したローヌワインの上級ランク、名前にはなんと村名が。

下位レンジの味わいで大絶賛にも関わらず、上位ランクでがっかりな経験も少なくありません。今回は、そんな反省を生かしつつ、過度な期待感を持たずにテイスティング。

一杯目はさすが、上級キュベ。甘味、酸味、渋みが三位一体となり、完全に調和された味わい。

低価格ローヌワインは、基本的に料理と合わせて飲みたいものが多いですが、このワインは単体で十二分に満足できる、クリーミー&パワフルタイプ。

力強さとなめらかさが相殺されて、円みをもった飲み心地に大興奮。

しかし、最近「泡特集」たるものをやっておりまして、普通のワインを1日で飲みきることがなくなり、このワインも3日にかけて味わいました。

1日目「大満足」

2日目「あれ、こんなんだったけ?」

3日目「完全に劣化だわ。これなら下位レンジでいいや。」

そう、劣化が早いのがマイナスポイント。

まぁ、下位ランクと上位ランクの価格差がワンコイン以下なので、上下の優劣よりは、好みで買いわけするタイプかも。

庶民のワインポイント 

(点数の詳細はここをクリック)

価格:83点

生産地:69点

買いやすさ:85点

売り文句:100点

完璧な店長コメント。いつも感服いたします。

https://firadis.net/item/215.html

アロマ:90点

複雑性:71点

余韻:44点

たいがくんポイント:78点

村名なしの下位レンジは、後先考えずグラスが進みましたが、今回は自制できたのでその分マイナス。

加算点前の平均:77.5点

メディア:0点

生産者:2点

SNS:0点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント