スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

初体験、コルテーゼの実力

モンテクローチェ ピエモンテ コルテーゼ 3L BIB ヴィンキオ ヴァーリョ

VINCHIO VAGLIO Montecroce

参考小売価格:税込み4950円

産地:イタリア・ピエモンテ州

品種: コルテーゼ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:アサヒグランド株式会社

今まで100万ミリリットル以上のワインを飲んできましたが、コルテーぜは初めて飲む品種。

拙著「安いワイン」でも語っていますが、箱ワインの狙い目は「飲み慣れていない品種」

品種イメージがない分、例え好みじゃなかったとしても品種のお勉強として脳内処理可能。

まっさらな気持ちでコルテーぜに向き合ってみました。

飲み初めは冷蔵庫温度スタートだったので、香も味も引き締まりすぎた状態。

10度ぐらいまで上がってきても香が華やかになることはなかったですが、酸味は引き締まった状態が続きます。

ボディーは軽いですが水っぽさはないです。しっかりワインです。

落ち着いたレモン風味ですが、主張は控えめで、突起した要素はなんなのか分かりません。

the wineマグナムエディションで品種特性を確認すると、「マイヤーレモン」「ハネデューメロン」「りんご」「貝殻」「アーモンド」と書いてましたがピッタリな表現です。

マイヤーや、ハネデューがなんなのかはさておき、正真正銘のコルテーぜであることは確信できました。

本日の組み合わせ

集中してテイスティング。本来なら揚げ物とかとペアリングしたいワイン。

コルテーぜ8、バルベーラ2の自作ロゼも結構なお手前でした。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。