オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スロヴァキア

スロヴァキアという聞き慣れない国に萌える

エレスコ マリーナ パーラヴァ 2020

MARINA Palava ELESKO

参考小売価格:1969円

産地:スロヴァキア

品種: パーラヴァ(ゲヴュルツトラミネール×ミュラー トゥルガウ)

購入元:CAVE de L Naotaka(楽天)

インポーター:株式会社プラスワイン

おなじみ鬼コスパセットに入ってた1本。

第32弾のラインナップではひときわ存在感を放っていた「スロヴァキア」産のワイン。

ワインどころかスロヴァキアという国自体に聴き馴染みが無いため、ウィキペディア検索してみます。

場所は中央ヨーロッパ。人口約550万人という小さな国で、1993年にチェコスロバキアから分離し独立した比較的新しい国家。スロヴァキア、スペース、観光で検索すると、世界遺産にブラチスラバ城があるそうです。

ワインを通じて馴染みのない国を調べるって良いですね。だいたい名前がスロヴェニア、スロヴァキアとか似てるので、教養がないとややこしく感じます。

さて、ワインの方ですが、定価2千円でも納得できる味わいです。

レアリティ生産国って事を考えると3千円でも文句言われないと思います。

そういった意味で「鬼コスパ」はまさに「鬼コスパ」

濃密でボディーしっかりの甘めタイプですが、あくまでフルーティーな甘さなので、残糖感はありません。凍らせたらガリガリ君のみかん味みたいになりそうなイメージです。

パーラヴァって品種名で、(ゲヴュルツトラミネール×ミュラー トゥルガウ)なんて情報もありましたが、未体験ゾーンの味わいでワイン好きなら必ず興味が湧く味わいですよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com