オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

本物のビオワインを堪能する

チェレット アルネイス・ブランジェ 2021

Ceretto Arneis Blange 2021

参考小売価格:3916円

産地:イタリア・ピエモンテ州

品種: アルネイス

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社ファインズ

ファインズさんの白ワイン厳選セット和食に合うワインセットに入っていた両セットの目玉的な1本。

サステイナブル(減農薬)だのオーガニック(有機)だの、一言で自然派ワインといっても内容は様々。

このワインは定価4千円近い高級ワインで、ビオロジック農法で造られた究極の自然派ワイン。

サステイナブル(減農薬)だのオーガニック(有機)だの、一言で自然派ワインといっても内容は様々。

その中でも「自然派」というワードに敏感に反応する層が好きなのがこのビオディナミ(バイオダイナミックス)なのです。

人智学者のルドルフ・シュタイナーが提唱した農法で、「自然界のエネルギーで活性化し、安定した農業生産を目指すもの」とされています。

ポイントは2つ

1 月や惑星の動きと植物の成長を調和させることで栽培スケジュールを管理する

2 全ての農薬類を使用せず、独自の調合剤を利用

気にする人は飲むタイミングまで暦を意識するそうですが、自然派振興がない人でどんなワインができるのか興味が湧いてきませんか。

そういった意味でこのワイン、飲む前から身構えていましたが、意外と普通。

2日に分けてじっくり向き合って飲んでみましたが、癖も少なくジュース系ワイン。

コルク栓ですが、微炭酸。香りは青りんご、種や皮の苦味、透明感のある透き通った甘さ、後味で若干残る土っぽさがビオぽっさというのでしょうか。

味わいをコントロールせず、引っかかりのないスルスル飲めるワインを造れるって凄いですよね。「イタリアの白ワインの歴史を変えたといわれるワイン」って書かれてるのにも納得できます。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。