オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

名乗ったもんがち、自然派認証説。

ジェラール・デスクランブ
ボルドー シャトー・ルネッサンス 2017

Descrambe Ch.Renaissance

参考小売価格:2475円

産地:フランス・ボルドー

品種: メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%

購入元:三本酒店

インポーター:ヴァンクゥール

自然派のボルドーって初めてだったので、ワクワクしながら飲んでみましたが、案外ふつーーーのボルドー。

エチケットも独自性があるコテコテの自然はデザインなのですが、中身は普通の「値段なり」ボルドー。

普通といって広大なボルドーワインを一言でまとめるのも何なので、ちょっとだけ深堀り。

青っぽくて、イガイガしてて、酸っぱくて、渋い。

初日だけでジャッジするのも気が引けたので、2日に分けて飲んでみましたが、変化なし。

酸味主体なので、食事との組み合わせ次第で大化けしそうですが、ワインだけでゆっくり飲むとなると好みが大きく分かれるタイプです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • お好み焼きや焼きそばなどのソース系料理と

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com