オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

ワイン界の大五郎?

アイリスプラザ ビディーノ レッド ワイン

IRIS PLAZA Vision Red Wine

参考小売価格:1980円(3リットル)

産地:チリ

品種: 不明

購入元:アマゾン(アイリスプラザ)

インポーター:南アルプスワインアンドビバレッジ

アマゾン定期購読で仕込んでいたアイリスオオヤマブランドのボックスワイン。

同ブランドの「ブルビリオ レッド」がスペインのテンプラリーニョに対し、今回のビディーノはチリの品種不明ワイン。

おそらくブレンドなんでしょうけど、品種表記がないとイロモノ感が強くなりますね。

ただ、このブランド、箱裏にバルクで輸入して日本で箱詰めしたことを丁寧に説明されているので高感度は高いです。

製造元の南アルプスワインアンドビバレッジさんは、アイリスプラザだけでなく、セブンイレブンやその他大手小売店と提携しており、箱ワインの生産シェアは日本No1の実績があるそうです

海外ではすで一般的な箱ワインですが、日本でも最近見かけることが増えている感じはします。

おそらく拙著「安いワイン」の影響が浸透していっていると思うんですけどね。

さて、このワイン、晩酌ワインで濃い味付けの料理と合わせるとライトボディーのゴクゴク系です。しかし、シラフで飲むと胸焼けするアルコールの強さ。舌をすぼめて味覚の接地面積をできるだけ狭くすれば美味しく感じます。

温度帯は15度でも香りは控えめ。2杯目からは大ありじゃないかって思うぐらい感覚が麻痺してくるので、お酒弱い方にはオススメできない代物。3杯飲んで良さがわかるってやつです。余韻でタンニンしっかり感じるので、ジャンルとしてはちゃんとしたワイン。

しかし、販売ページでソムリエも絶賛ってあるのですが、絶賛したソムリエの顔と名前は知りたい所。私は手放しで美味しいとは言えないもどかしさありますからね。あくまで「条件付きで美味しく感じる」です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com