オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

極旨シラーズという触れ込み。

キリカヌーン・チェロ・シラーズ 2018

Kilikanoon Cello Shiraz 2018

参考小売価格:1540円

産地:オーストラリア

品種: シラーズ

購入元:ヴェリタス(楽天)

インポーター:ジェロポーム株式会社

ロバート・パーカー氏や、オーストラリアの権威的ワイン評論家であるジェムスハリデー氏が大絶賛しているワイナリーから極旨シラーズという触れ込みで購入してみました。

前回同じワイナリーの「ザ ラッキー シラーズ 2019」は激安箱ワインレベルだったので、一番安いこのキュベには全く期待せずに飲んでみました。

結論から述べると、自分が思い描いている「オーストラリアのシラーズ」にピッタリの味わいで満足度高かったです。

抜栓2日後にピークが来ましたが、甘濃さと辛味のバランスがよく、熟したプラム系ワインが好きな人にはピンポイントでズドンとくるはず。

テイステティングコメントが秀逸なワインショップ「葡萄畑ココスさん」が価格も濃さもちょうど良い◎と謳っているのにも納得。

お世辞にもお値段以上とまではいきませんが、定価なりに品種と国の特徴を学べる味ワインですよ!

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

シラーズにはお肉という発想で焼き肉と合わせましたが、甘ダレとミスマッチ。食後にゆっくり飲むのが吉です。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com