ドイツ

初めて味わう、ドイツ最上級格付けワイン、品種はファーバレーベ。

ブルクライヤー シュロスカペレ ファーバレーベ カビネット 2015

Burg Layer Schiosskapelle FABERREBE KABINETT 2015

参考価格:1600円ぐらい

購入価格:1705円税込送料別(まとめ買いで送料無料)

産地:ドイツ・ナーエ

品種: ファーバーレーベ

購入元:大文字屋加藤酒店

インポーター:株式会社稲葉

庶民のワインポイント:3点

ボルドーはシャトー、ブルゴーニュは畑で格付けされていますが、ドイツは収穫時のブドウの糖度でランク分けされています。

そのランクの中でも、補糖をしない最上位の肩書きが「プレディカーツヴァイン」と呼ばれており、今回のワインはそのカテゴリーに属しています。

「えっ、庶民ワインの癖に最上位ワインなんて買えるの?」

安心してくだい。

ややこしい話ですが、このワインは最上位ランクで一番果汁糖度が低い「カビネット」と呼ばれるランク(要は安物)。長々と説明するのも面倒なので、詳しく知りたい方はこのサイトでも参考にしてください。

そんなプレディカーツヴァイン 初体験の今回、なんと品種も全く聞いたことのない「ファーバーレーベ」。どこまでマイナー品種かというと、「ドイツの白ブドウ栽培面積ランキングトップ15でランク外」になっているほどレアな品種。

ソムリエ教本、テイスティング本、最近激推しの↓にも情報がなく困っております。

見た目はとても淡く、澱と共に熟成していない(シュールリー製法)ミュスカデや甲州よりも透明感があり、薄味の第一印象。

しかし、香りは外観の印象とは裏腹に、力強いリースリング香。

そして肝心のお味ですが、甘めの残念リースリングっぽさがあり、苦手なタイプ。唯一救われた点としては、後味がすっきりしているので、飲んでいて苦ではなかったです。まぁ、その点に関しては、アルコール度と凝縮感が低いことが理由なんですけどね。

まとめ

初品種「ファーバーレーベ」でしたが、香りも、味わいもリースリング。100人のプロに、ボトルの形を見せながら試してもらうと「リースリング」って答える確率は高いですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:4点

生産地:4点

買いやすさ:3点

売り文句:4点

これぞプロのコメント。ものすごく短文ですが、このワインのポジティブ面をうまく表現されてます。正直なところ、このコメントみて味わいの印象がよくなりました。ワインの捉え方が上手すぎです。

ここまで雑味が無いワインも無いでしょう!
澄みわたった、自然な甘さを感じます。   

http://www.winetuuhan.com/shop.php?id=004&item=6054

アロマ:4点

複雑性:2点

余韻:1点

たいがくんポイント:2点

甘薄のリースリングが好きな人は感動するでしょう。

総合評価:3点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント