スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

新シリーズ?【超コスパ】セットに挑む

メングアンテ セレクション ガルナッチャ 2016 

Menguante Garnacha seleccion

参考小売価格:税込み1848円

産地:スペイン・アランゴン州・カリニェナ

品種: ガルナッチャ

購入元:セラー専科

インポーター:株式会社都光

【鬼コスパ】シリーズで圧倒的なコストパフォマンスを知らしめてくれたNAOTAKAグループがいつの間にか【超コスパ】たるセットを販売されているじゃないですか。

内容は1本税込み900円切りの激安価格帯なので、コストは【鬼コスパ】より優位性あり。しかし、安すぎるがゆえにパフォーマンスが心配になるのですが、「オーガニック」縛りで付加価値を演出。他店では真似しにくい one more thingsを組み込んでくるので、私の購入動線にズバッと刺さってきました。

とは言いつつ、オーガニックな安ガルナッチャはイマイチな印象があるため、オンライン飲み会で喋りながらのんでみました。

一口目に「あっ意外と飲めるね。」なんて感じたのもつかの間、話ははずんでくるといつの間にか空に。

時間的には2時間だったので、ガバガバ飲めたタイプではないですが、千円以下ゲットのワインを違和感なく楽しく飲めたのは大勝利。

もともとの価格が1500円超えているのですが、定価を考慮しても平均より上にはあるんじゃないかと感じています(おぼろげな記憶)。

本日の組み合わせ

ワイワイガヤガヤのオンライン飲み会で。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。