オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

今年2本目のヌーボーはレモンのような酸味

ポール アンドレ ブロセット 2023 ボジョレーヌーボー ボージョレヌーヴォー

PAUL-ANDRE BROSSETTE BEAUJOLAIS NOUVEAU 2023

参考小売価格:2000円前後

産地:ボジョレー地区

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:セントミハエルワインアンドスピリッツ株式会社

ヌーボーじゃないジョルジュ・デュブッフ飲んでて感覚麻痺してますが(ヌーボーめっちゃ飲んでる気がしてる)、実は今年まだ2本目のボジョレー・ヌーボー。

セット内でセンターポジションを飾っている本命ヌーボーっぽいですし、2年前は当研究所でも絶賛している生産者。

ちょっと甘くて軽いワインが飲みたい気分の時に開けてみました。

香りは強めですが、落ち着いたイチゴキャンディ。

最初に飲んだヌーボーみたいなキャピキャピ感もなく、上品な香りだと言えます。

口当たり柔らかく口の中に入ってきますが、酸味がしっかりの切れ味のあるタイプ。

後味で種の苦さも感じるので、ジュースっぽいボジョレー・ヌーボーを期待すると肩透かしを喰らいますが、個人的にはガメイの良さがでてるこちらのタイプが好み。

酸味が苦手な人には酸っぱいと感じるかもしれませんが、食中ワインとして活用すれば美味しくいただけますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com