スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

ピノ・ドニスって聞いたことありますか?

レ ジャルダン ド テゼィ ピノドニス ジャルダン デュ ポワラ 2018

Les Jardins de Theseiis Pineau d’Aunis Jardin du Poira

参考小売価格:3300円ぐらい

産地:フランス・ロワール

品種: ピノ・ドニス

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー

酒屋さんから注目ワインの入荷LINE頂くのですが、通知が多すぎてまとめて確認する習慣が付きました。ところが、一週間後に目星のワインを頼んでも欠品が多く、知ってる人は内輪で美味いワインこそこそのんでるんやなぁ〜とか思う今日このごろ。

そんな折、店主さんが、これは超人気でラスイチだから絶対に買ったほうが良いとゴリ押しされたので、半信半疑で買って飲んで驚愕。

もう初動から殿堂入りを漂わす完成度。

空気を吸うかのごとく、なめらかに口内に溶け込む液体は、ライトボディーの赤ワイン好きが1000%好むであろう味わい。

優しい味わいで、フルーティーを主軸にしながら、決してジュースっぽさがない不思議な感覚。

舌の上にワインを乗せても、全く重さを感じないキレイなワイン。

「ワインは重くて濃いのがいいんだ!」って人に新境地を広げてもらいたい1本。

庶民のワインとしては高価な部類ですが、買いやすさがあれば殿堂入り級です。

ってまとめ終えるとこでしたが、ピノ・ドニスって聞いたことありましたか?

私はてっきりワインの名前と捉えていましたが、なんと品種名。

初めて飲む(きく)品種なので、今回のワインがピノドニスの味とメモリすることにします。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

1杯のグラスに注がれたワインを全集中の呼吸でのむべし。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。