アメリカ

まるで【はちみつレモン】これは、笑

ドメーヌ・シャンドン エクストラドライ・リシェ

Dom. Chandon California Extra Dry Riche

参考小売価格:2000円ぐらい

産地:アメリカ・カリフォルニア

品種: シャルドネ・ピノ・ノワール他

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

Dom. Chandon California Extra Dry Riche

地元の量販店リカオーさんで「大量に仕入れてしまったため安売りします」的なポップで投げ売りされていた1本。投げ売りと言ってもそこは「シャンドン」たしか1600円ぐらいはしたので、安泡とは言えない領域。

エクストラドライ表記(ブリュットより甘い)に嫌な予感がしましたが、「シャンドン」ってブランド力と、ゴールデンウイークに味わうには雰囲気の出る金色だったので、午前中からガッツリ飲んでみました。

香りは強めの甘ったるいシロップのような印象。受け入れ体制は「モエ・シャンドン」だったので、シャンパンと全く違う方向性のアロマに嫌な予感がします。

冷蔵庫温度で飲み始めましたが、やはり甘い。

果実味の甘さなら許容できるのですが、はちみつレモン(サント○ー)のような人工的蜂蜜に感じてしまいます。

ガス圧は中程度以上あるので、飲めないことはないですし、腐す程かと問われればそうでもないですが、如何せん「モエ・シャンドン」を受け入れる状態からの落胆は否めません。

感覚的には12本1万円クラスの激安スパークリングセットに導入されていてもガッカリしていたクオリティ。

エクストラドライ表記ってワイン勉強してないと普通に「辛口」と受け取られてもおかしくないので(ポップにはやや甘口としっかり記載)注意が必要ですよ!

※ちなみにシャンドンカリフォルニアやその他のキーワードで検索しても公式ページからこのワインをみつけれないんですよね。偽物とかじゃないと思うのですが、なにか匂うな。※

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Fランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

ブラインドで他の人に飲ませてニヤニヤ。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし