スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

ラベルのデザインで変わる味わい

カンタレス ブリュットナチュレ

CANTARES BRUT NATURE

参考小売価格:700円ぐらい

産地:スペイン/ラマンチャ

品種: マカベオ

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

地元量販店のリカオーさんで、ゴールデンウイーク特売セールで投げ売りされていたワンコインスパークリング。

表記はシャンパン製法のブリュットナチュレ(超辛口)なので、まず間違いないタイプなのですが、同時購入の「ドメーヌ・シャンドン」がド直球な地雷だったので、なんとか挽回してもらいたい所。

まず泡の量は中程度よりやや強め。香りはカバ香(銀スプーンをなめたようなニュアンス)だったのですが、実はカバでないと後で知る。

品種がマカベオなので、似たようなもんと言ってしまえばそれまでですが、カバって製法さえ守っていれば何処で生産しても名乗れるとソムリエ教本に記載してあったので「逆に名乗らない理由がわからない」といった所。

飲んだ感じもカバと同じような味わいですが、ワンコインにしては大当たりレベル。

ラベルのデザインが洗礼されていて印象がよかったってのもありますが、持続性のある泡に、切れ味バツグンのドライテイストが好印象。

そして、ブログ書くように検索すると、自分のサイトがトップヒット。

ラベル違いで気づかなかったのですが、去年の3月に飲んでるんですよね(;´∀`)

書いてる内容は今とあまり変わりないですが、ラベルのデザインがイケてないので、雰囲気的に残念に感じたみたい。

当然といえば当然ですが、目から入る情報量って侮れないですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 風呂上がりに爽快感を感じながら
  • アニメみながらポテトチップ。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。