スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

普段飲みできるピエモンテその2

バルベーラダスティ 2019テッレ エ ボルギ 

Barbera d’Asti 2019 TERRE E BORGHI

参考小売価格:1150円

産地:イタリア/ピエモンテ州

品種: バルベーラ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Barbera d’Asti 2019 TERRE E BORGHI

普段飲みできるピエモンテって触れ込みで、モトックスさんから新登場した「テッレ・エ・ボルギ」シリーズの2本目。

アロマの第一印象は救急箱の病院を思わせる薬品的な香り。冷静になって考えると、グラスに洗剤が付着していたかと思い、グラスを変えて再チャレンジ。気分的にマシになったと思いきや、ワイン本来の香りと断定。

時間経過とともにネガティヴな印象は薄れていくものの、ワイン単体で飲むとなるとキツイっす。

あえてポジティブな面に焦点を当てると、主体は赤ベリー系果実。土っぽさを感じさせる陰性のニュアンスから広がりは浅目。酸味と渋みのバランスは整っていますが、甘さがないので濃度は軽く感じます。

余韻や複雑性が皆無に等しいながらも、値段を考えると十二分に許容できるクオリティ。日常の食中ワインポジションとしての活躍が期待できます。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:3点

アロマ :3点

バランス :4点

余韻 :3点

複雑性:3点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:72点

庶民のマリアージュ

新コーナーです。

ウェブや書籍で著者や販売元が提案する、ワインと料理の組み合わせは概ねって手の込んだ料理や、名前が横文字の気取ったメニューばかり。実際に再現できるのは富裕層の料理上手な専業主婦か、ガチで料理が趣味の人ぐらいではないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、当研究所では、毎日投稿したワインで身近なマリアージュを成立させます。実際に試しているわけではないですが、ワインの味わいからしっかりイメージを捉えますので、大きく外すことは絶対にありません。すなわち、「個人の主観です!」なんていいわけはしまませんよ。

では、さっそくこのワインに合う食べ物を提案させていただきます。

  • 豚肉の生姜焼き
  • たこ焼きパン
  • 炙りサーモン
  • カリカリ梅
  • チキンナゲットBBQソース

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。