オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

カレー鍋に南イタリアの濃いワイン??

ネロ ダヴォラ ネレッロ マスカレーゼ 2019 DOCシチリア ボッカンティーノ 

BOCCANTINO Nero d’Avola Nerello Mascalese Sicilia DOC

参考小売価格:2178円

産地:イタリア・シチリア州

品種: ネロ・ダヴォラ80%、ネレッロ・マスカレーゼ20%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

鬼コスパワインの滋賀県キャンペーンでゲットした1本

改めてラインナップ眺めてみると、薄白、濃白、薄赤、濃赤、泡とセレクトのバランスがいいんですよね。これさえ買っておけば色んな気分の時に対応できるので、本当に凄い優秀なワインセットと言えます。

今回は、カレー鍋と合わせるワインに迷ったので冒険的に試してみました。

品種は南イタリアの土着品種である品種: ネロ・ダヴォラと、ネレッロ・マスカレーゼ。今まで出会ってきた両品種は全て甘濃い系だったのですが、今回はそんな印象を覆す味わい。

やわらかいプラムの香り、口当たり優しい入りで酸味から酸味の酸味ワイン。口内でシェイクするとタンニン爆発。ザラツイた質感と、適度な酸っぱさが食事との兼ね合いで大きく化ける反面、ワインだけで飲むと曲者系。

たまたま食中ワインとしてセレクトしていたので結果オーライといいますか、カレー鍋と合わせると良い意味で大化けしたんですよね。

本日の組み合わせ

カレー鍋。具材はたらと鶏団子。合わせにくい食事故にソーヴィニヨン・ブランと同時の見比べしましたが、意外とこちらのワインがマッチしました。酸味強い赤ワインって実は万能ですよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com