オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

シュールダルクを狙い撃ちせよ

グランキュヴェ 1531 ド エメリー ブリュット クレマン ド リムー

Grande Cuvee 1531 AOC Cremant de Limoux Brut

参考小売価格:2508円

産地:ラングドック

品種: シャルドネ60%、シュナン ブラン20%、ピノ ノワール20%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

鬼コスパシリーズなど、セット導入率の高いシュールダルクのクレマンドリムーシリーズ。

よく見かけるのでコンプリートしてるつもりでしたが、この白ラベルは意外と初対面。

振り返ってみると、2021年にロゼ2022年にレゼルバと、一年に一種類ずつ飲んでいたので頻度としては理想的と言えます。

クレマン・ド・リムーは銘柄や価格帯に関係なく良い印象なので、安心感をもって飲んでみました。

まずはガス圧。ピッコロの10オンスに注ぎましたが、泡が湧き上がってきます。

飲んでみても強いガス圧で、炭酸好きにはたまらないです。噛みごたえもあり、食べ物として楽しめます。

酸味主体でレモン風味。はちみつのほんのり甘い要素はシュナン・ブランの仕事でしょう。

思わずグビグビ飲んで出てきたゲップの余韻はシャンパーニュ。トーストの風味が効いていてリッチな飲みごたえです。

定番銘柄と思って避けていましたが、今度からはこの銘柄目当てでセット選びをするかもしれません。プレゼントや人に勧めるクレマンとして使えますからね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。