直販で買うと楽天より安い!
イタリア/南部

泡特集まとめ&最終ボトル「南伊の赤泡」

まずは、泡特集のまとめから。

端的に言うと、毎日飲んでたら飽きる。(ただし、これは、千円以下のハズレスパークリングを飲んだ時の感想)

飲み慣れてないときは、ビールがわりなんて表現してしまった時期もありましたが、わざわざ「代わり」にスパークリング飲まなくても「ビール」「ハイボール」飲めばよいでしょう(私は冷蔵庫に入ってたらアル中発動なので自粛)。

で、課題でもあった、「格安シャンパーニュ」VS「2千円以上のまるでシャンパーニュ」ですが、今回は「格安シャンパーニュ」に軍配があがりました。

特に、ワインについて詳しくない人に振る舞う時など、「クレマン!(どやー)」なんてしたって、「シャンパンってなんか美味しいね(^_^;)」って言われるのがオチですしね。

まぁ、どうせならボトルに大きく「シャンパーニュ」って書いてはる方が説明もしやすいですわ。

「シャルドネ」「ムニエ」「ピノ・ノワール」を使ったスパークリングは素直にシャンパーニュ飲んだ方が、そういった精神衛生的にも安心感があります。

しかし、今回のベスト「テイスト」オブ スパークリングは、

イタリアの ヴィノジア ヤーデ

美味しいスパークリングには「個性」がしっかりとあり、「シャンパーニュ」にはない面白さがあります。なんか一期一会的な味わいみたいな。。

でもこのワイン、フィラディスさんでしか買えないことに購入の敷居は少し高め。ヘビーワインドランカーなら12本まとめ買いなんて朝のトイレタイムで済ませれるのですが、1本だけ気軽に買えるといった点では否なので、庶民のスパークリング認定するには外させてもらいました。

なんで、今回の泡特集で庶民のワイン研究所が、「ベストオブ庶民のスパークリングワイン」に認定した1本は、

本物シャンパーニュの「ポワルヴェール ジャック

2千円台前半でありながら、教科書通りのシャンパーニュの味わい。

大手インポーターだけあって、そこそこの品揃えの酒屋さん、セレクトショップにおいているのが優れたポイント。

庶民が誕生日や正月などに飲むにもってこいのシャンパーニュです。

まぁ、本来なら最終回は「モエシャンドン」VS 「シャンドン ブリュット(オーストラリア)」なんてやりたかったのですが、経済的理由で断念してしまいましたm(_ _)m

結論

千円以下のスパークリングは感性の新鮮さを保たせるためにも、週1本までに押さえておきましょう。

また、どうしても外したくない特別な日は、中途半端に3千円前後のスパークリングに手を出さず、シャンパーニュの地域性や品種に凝ってみたり、生産者の探求をした方が、次に活かせる買い物ができるでしょう。

で、ある程度経験値があがってきたら、いろんな国を試していけば良いと。

フリッツァンテ・ナチュラーレ・アペニニコ・ロッソ

Frizzante Naturale Appenninico Rosso Baroni Campanino 

参考価格:3337円

購入価格:12本で10800円

産地:イタリア/ウンブリア

品種: コロリーノ、アンチェロッタ

購入元:タカムラワインハウス(楽天

インポーター:テラヴェール株式会社

庶民のワインポイント:3.28点

これ、すごいっすわ。セットで買ってたんで、王冠と赤泡っていうのが嫌なイメージを抱かせてましたが、最終回にふさわしい幸福感に包まれました。

微発泡ですが、しっかりと泡を感じられ、それでいてワイン本来の味わいもしっかりとしている。

味わい自体は典型的な南イタリアの重めやつですが、気圧が見事に調和されてベストマッチ。

一本単体で買うには奇抜すぎて勇気がいりますが、セットに入ってたらガッツポーズ必須のボトルですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:2点

買いやすさ:1点

セットで購入できましたが、現在売り切れ。単品だとお高い。

売り文句:ー点

販売元とインポーターのページが無くなっていたため評価対象外

アロマ:4点

感じ的にはアリアニコ。

複雑性:4点

第一アロマから第三アロマまでしっかりと感じられます。

余韻:2点

たいがくんポイント:5点

飲んでいて楽しいワイン

総合評価:3.28点

ABOUT ME
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし
ワイン購入は楽天カードMUST!