オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

ペアリングは柔軟に

409 リベラ デル ドゥエロ パゴス デル レイ 2019

409 Rivera del Duero 2019

参考小売価格:3278円

産地:リベラ・デル・ドゥエロ

品種: テンプラニーリョ

購入元:(楽天)

インポーター:株式会社都光

ワインの好みが季節によって変わるのはもちろんですが、味覚の変化によっても変わってきます。

私自身は「酸味ワインが苦手→酸味ワインが好き」「濃いワインが好き→薄いワインが好き」へと変化したのですが、理由はハッキリわかってます。

それは、ワインを食事と楽しむようになったから。

そういった意味で、濃くて甘そうな赤ワインは登板機会が限られるので、このワインも3ヶ月前に購入した鬼コスパセットに入っていながらずっと放置しておりました。

2018年ビンテージは庶民のワインランクにSをつけているほど高評価を付けているのにも関わらず、雰囲気だけで敬遠してしまっていたのです。

しかし、そんな苦手になってきた濃いワインも、料理次第では無性に飲みたくなってきます。

この日の晩酌はハンバーグ。ソースにこのワインを利用し、完全調和を狙ってペアリングさせました。

結論、マリアージュ成立。きっちりお互いを高めあってくれます。

しかし、季節柄なのでしょうか、チェイサー代わりに用意していた辛口のロゼワインの方が好みの組み合わせでした。

単に相乗していくペアリングよりも、夏場は油分を洗い流す万能ロゼの方が良いかもしれませんね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com