オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

高級グリッロを平日晩酌で

フローラ マメルティーノ ビアンコ 2022 ガリオ

FLORA Mamertino Bianco Sicilia Gaglio

参考小売価格:3850円

産地:シチリア州

品種: グリッロ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

有名な国際品種は高いワイン(3千円以上)を基準に語られている事実。

例えそうではなかったとしても、1万円以上のシャルドネを1度でも体験してしまうと、1千円シャルドネに対するがっかり度は必然と高まってしまいます。

そういった意味で高価格帯の「グリッロ主体」はあまり見かけませんし、3千円出すならシャンパンや赤ワインを選んでしまいます。

1千円ワインでも満足できるグリッロ。鬼コスパセットだからこそ出会えた4千円グリッロ。さば味噌煮に合わせるワインが思いつかなかったので、このワインでペアリングを試してみました。

結論、さば味噌煮とのペアリングは無難。相乗効果はないものの、ネガティブに作用せず、お互いの主張を壊すことなく美味しく頂けます。

ワインはまぁこんなものでしょう。1千円グリッロの延長線上にとどまってくれたので、良い意味でイメージを崩すことなく飲み終えました。

ニュートラルな味わいで尖った要素もなく、苦みと辛味で晩酌ワインとして勝負してくるタイプ。庶民のデイリーにはもったいないですが、贅沢ワインとしては物足りなさを感じます。平日に3千円ワインを嗜んでる人が、海鮮系料理を食べる時にピッタリのワイン。

例えるなら甘くない日本酒的なポジション。

ただ、鬼コスパ価格だと1500円ぐらいですからね。寧ろ目立った目玉ワインより、このあたりの「自分では選ばないワイン」をチョイスしてくれてるほうが、経験値高められて嬉しいです。

飲み手としてのリテラシーを高められて、普段買えないワインに手が届く。

鬼コスパセットやはり最強です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com