スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
オーストリア

グリューナーを極める3杯目

ドメーヌ・ゴベルスブルク・グリューナー・ヴェルトリーナー 2019

Domaene Gobelsburg Gruner Veltliner 2019

参考小売価格:1950円

産地:オーストリア/ニーダーエスターライヒ州

品種: グリューナー・ヴェルトリーナー 

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Domaene Gobelsburg Gruner Veltliner

オーストリアのグリューナーヴェルトリーナー飲み比べ3本目。

1本目はエチケットにヴェートーヴェン、2本目はフィラディスの看板ワインと特徴的だったのですが、今回はこれと言った特徴がないので、味わいで勝負して欲しい所。

外観は今までの薄イエローと違い、ハッキリと緑が認識できる黄緑。

香りも今までに感じた柑橘系フルーツではなく、ハーブや白花を主体とした、フローラル系なので、3本目にしてグリューナーとは何なんだ沼に落ちてしまいます。

飲んでみると、泡がないのに微炭酸を感じる不思議な液体。舌先にピリリと感じる心地よい酸味が、薄味をうまくリカバーしておりますが、果実味を感じにくいため安っぽさは否めません。

冷蔵庫温度で飲み始め、13度ぐらいまで味わってみましたが、安っぽく感じたのは冷えすぎが原因でした。

適温は11度前後で、その辺りだと骨格もしっかりしており、ふくよかな印象に変化。それでも設定価格なりの印象なので、費用対満足度は低め。しかし、タイプ的には料理と一緒に楽しむワインなので、一概にジャッジできないのですけどね。

甘さは感じにくく、糖度系で測ってみても5.6度と辛口タイプ。

ちなみに、糖度系を買った当初は全てのワイン測定するつもりでしたが、十中八九が自分の予測と同じになってきた為、面倒になっておりました。

しかし当研究所の師範である方が、小数点まで確認してなんぼとご教授を頂いたので、再度適正数値を測ろうと思った次第であります。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :6点

余韻 :3点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:74点

庶民のマリアージュ

このワインは「前菜と軽く合わせるタイプ」なんて言ってしまうと「コース料理を前提として考える貴族」っぽくなるので、当研究所っぽく提案させてもらうと、かっぱえびせん、白菜の漬物、アジフライ、グリーンカレー、筑前煮って感じですかね。。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。