家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
オーストリア

ポン酢に合うワインらしいです。

アーウィン・ウィンクラー グリューナー・フェルトリーナー 2018

Erwin Winkler Gr?ner Veltliner Ried Vordernberg 2018

参考小売価格:2420円税抜き

購入価格:1500円ぐらい(まとめ割、サマー割、ポイント値引き)

産地:オーストリア > クレムスタル

品種: グリューナーフェルトリーナー

購入元:フィラディス

インポーター:フィラディス

アーウィン・ウィンクラー グリューナー・フェルトリーナー

グリューナー特集2本目。

初日はモトックスさんのベートーベンワインだったので、今度はフィラディスさんの看板ワインをチョイス。

昨年度も一度購入してはいるものの、ヴィンテージ違いなので、特別にリピート。わりと好印象だった記憶があるので、安心感をもってテイスティング。

色調は薄く、粘性も軽め。しかし見た目とは裏腹にアルコール度数は13%と、白ワインとしては平均的数字が示されておりました。

冷蔵庫温度から飲み始めたので、最初は柑橘系フルーツのニュアンスしか感じ取れませんでしたが、温度が上がるにつれミネラル要素も姿を表してきます。

飲んでいてマイナスの要素は一切なく、清涼感がありながら、骨格もしっかりしていて、定価2千円クラスも納得のクオリティ。爽やか系でありがちな水っぽさもありません。

問題は1本目と比べてどうかと言う点ですが、味わい自体に乙甲つけるのは難しく、「輸入元の看板ワイン」といったコピーを考慮するとこちらに軍配を付けたくなります(ただし点数は別)。輸入と販売を兼務してるが故に購買意欲を掻き立てるサイト構成なので、当然といえば当然なんですけどね。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):41点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :8点

余韻 :4点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:6点

総合得点:76点

庶民のマリアージュ

フィラディスさんが割と庶民的提案をしてくれてるので、印象しときますね

このワインの印象、一言で語るならば「みかん」ですね。口に含んだ瞬間、早生のみかんの甘酸っぱい感じと、あの甘い香りが一気に広がりました!さて、このワインは香りの段階からとにかく柑橘類が次々に浮かびます。ライム、レモン、グレープフルーツ・・・そして更に丁寧にアロマを取っていくと、そこに白桃やパッションフルーツ、白コショウの芳しい香りを見つけるはずです。
口に含むと、フレッシュ&フルーティ(陳腐な言葉ですが)な味わいが勢いよく、元気に広がる感じ。アフターにも、柑橘類のリフレッシュ感が長く残っていました。僕はこのワインを自宅で楽しんだ時に思いつくままに色々な料理と合わせていったのですが、その中で特にお勧めしたいのが
●焼き椎茸+ポン酢
●豚しゃぶ(脂身の多い部位がおススメ)+ポン酢

つまり、とにかくポン酢との相性がすごく良いということ。ポン酢の酸味、食材の甘みを、ぐんと拡げてくれる印象のマリアージュでした。その他、和食との食材では素晴らしいマリアージュ能力を発揮するワインですよ。

https://firadis.net/item/717.html
ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代