オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

中身は同じでも瓶に軍配が上がる?

レ ゼール ブラン 2021 / 白 /カーヴ エステザルグ

Les Vignerons d’Estezargues Cotes du Rhone Plein

参考小売価格:2200円ぐらい

産地:フランス・ローヌ

品種: グルナッシュ ブラン 70%、クレレット 10%、ブールブーラン 10%、ヴィオニエ 10%

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

自然派ワイン界隈で評価の高いエステザルグシリーズ。

以前箱ワインで全く同じものを飲んでおりますが、2022年に庶民のワイン研究所が最も評価した箱ワインでもあります。

そんなお買い得な箱ワインで飲んでいるにも関わらず、なぜあえて瓶で購入したかと言うお話をさせていただきます。

酒屋さんから野村ユニソンさんの特売案内を頂き、リストの2000円以下を銘柄確認せずに注文したからです。

納品後はやっちゃった感がありましたが、あえて新鮮な気持ちで瓶ワインとして飲んでみようと方向転換。

美味しさが担保された上で期待値を超えるかどうか試してみました。

結論、期待値を超えてきました。

瓶として飲んでも超美味しいです。箱で飲むより格段に美味しく感じます。

濃厚濃密。ふくよかな果実味。甘くないはちみつのような液体で、程よい酸味と苦味が完全に調和。味の素のような旨味成分的な要素もあり、食事の旨味も引き出してくれます。

定価2千円。値段なりの美味しさといえばそれまでですが、2千円で値段なりに美味しく感じるワインもそれほど多くないですからね。

箱ワインを毛嫌いしている層にまずは瓶で試しもらいたいワイン。

「えっ、箱ワインってこんなクオリティのものが存在するの?」

とひれ伏すことになるでしょう。箱ワインだと3リットル4500円前後なのでお買い得ですよ!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com