スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

リアルワインガイド表紙掲載のブルゴーニュ

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ル・プリュレ・ルージュ 2018 オーレリアン・ヴェルデ

Hautes-Cotes-De-Nuit Le Prieure 2018 Domaine Aurelien

参考小売価格:3800円

産地:フランス・ブルゴーニュ

品種: ピノ・ノワール

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー

定価3千円超えのワインを単品で購入することはめったに無いですが、地元酒店からの案内で、

「リアルワインガイドの表紙になった超人気ワイン、数量限定で入荷しました!すぐに売り切れになります!」

とご紹介いただいたので、どんなもんじゃい!と購入してみました。

普段のテイスティング日記は初日の一口目で評価を完結させていますが、第一印象があまりにも平凡だった為、状況と日にちを変えて飲んでみます。

初日は、ディナー時にカツオのたたきとペアリング。

酸が強めのワインなので、組み合わせ自体は悪くないですが、お互いが味わいを高め合うと言った意味ではマリアージュ不成立。

自然派ワインの触れ込みで変化球的なブルゴーニュを期待しておりましたが、化粧っ気を感じてしまう平均的な領域から抜け出せていない気がしました。

翌日、そんな自己評価の低さを払拭すべく、明るい時間にマインドフルネステイスティング。

結論を言うと、いい意味で大化け。

口当たり柔らかく、複雑な果実の要素がフワッと口の中で広がり、飲んでいて居心地良くなってきます。

感覚的には平均的なプルミエ・クリュ(一級畑、7千円ぐらい)クラスを飲んだ時の満足感と同格。

さすがの高評価ワインだと納得する一方、時間を置かないと化けないもどかしさに、ワインの難しさを感じます。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 贅沢を味わいたい週末のディナーで

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。