オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

見えてる地雷で見事地雷??

カルロ ロッシ ロゼ バッグ イン ボックス

Carlo Rossi AUSTRALIA Rose

参考小売価格:1500円ぐらい

産地:オーストラリア

品種: ?

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:サントリーワインインターナショナル

お酒飲み初めた頃って、ビールが苦くて不味く感じたりしませんでした?

私なんて、カルアミルクやカシスオレンジから入りましたからね。

そこからジントニック、ジンフィズ、酎ハイなんか通ってやっとビールが飲めるようになった記憶があります。

ワインは味の振り幅が広い分、お酒飲み初めの人をターゲットにした商品が存在します。

アルコール感が低く、甘いやつがそれに当たります。

しかし、ビール飲んでる人が食前にカルアミルクを飲まないように、普段辛口ワインを食中に合わせてる身としてはかなり抵抗を感じます。

まぁ、このワインがまさにそれなんですね。

どんなのか予想してて買って文句垂れるのもお門違いですが、想像以上に抵抗感ありました。炭酸割り必須、氷割り必須の甘さ。

販売店のレビューにはポジティブな意味合いで炭酸割りで美味し〜って書かれているのでやはり炭酸割りがベストな飲み方で間違いありません。

大学生にタベルロゼなんか勧めても、辛くて苦くて渋いって言われそうですが、このロゼなら受け入れられそうです。

が、このワインをロゼワインのスタンダードと思われるのもなんだかな〜って思うロゼ好きの余計な一言を残しておきます。

本日の組み合わせ

餃子と合わせるもかろうじて許容範囲。すき焼きとか甘めのお肉と合わせると危なかったタイプ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Fランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com