スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

ボトル換算300円台の激安ワインに挑む

ソン ド マル ティント バッグインボックス ボデガスミレニアム 

Son de mar tinto Bodegas Millennium S.L.

参考小売価格:税込み1404円

産地:スペイン

品種: グルナッシュ/テンプラニーリョ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

タカムラワインハウスさんから購入したタカムラさん直輸入の激安箱ワイン。

通常価格でも超絶安いのですが、箱潰れアウトレットで購入したので3リットル1300円でゲットしました。

白のパロミノバージョンは既に飲み切りましたが、最後の方は炭酸割りで騙し騙し飲んでいたので、今回の赤はなかなか食指が伸びず、購入後2週間放置することに。

しかし、商品化されている以上、飲めないことはないと信じ、開き直って飲んでみます。

箱ワインの1杯目は謎の不味さがあるので、1杯目は飲まずに流し台へ。2杯目から言い訳なしの真剣勝負です。

香は無いですが、飲んでみるとある意味予想通りの味で安心します。

業界人が無理やりポジティブに持っていく表現を真似すると、「果実味溢れるフレッシュで親やすい味わい。タンニンも豊富でエレガントな余韻が末長く続きます」なんて言おうと思えば言えますが、まぁ安ワインであることは間違いないです。

なんせ激安ワインなので、炭酸わりの原液として利用すれば高コスパですよ!

本日の組み合わせ

ハンバーグとナポリタン。庶民的な組み合わせでお互い高め合うマリアージュ成立。箱ワインの気軽さと庶民的な料理の相性は抜群です。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク 箱基準もBランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。