スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ローヌ地方

ギガルロゼは庶民が飲める最強のロゼかもしれない

E.ギガル コート・デュ・ローヌ ロゼ 2020

E. Guigal Cotes du Rhone Rose 2020

参考小売価格:2000円

産地:フランス・ローヌ

品種: グルナッシュ70%・サンソー20%・シラー10%

購入元:かめや(地元の酒屋さん)

インポーター:ラック・コーポレーション

地元の酒屋さんからラック・コーポレーションの特売案内が来たので、一番安い価格から手が届く範囲で何本か購入しました。

リストから一番安く、一番馴染みのあったのがこのギガルロゼ。

ローヌの名生産者として日本では一番有名ですし、なんと言っても名前が3文字なので覚えやすいのであります。

村名クラスになると超贅沢ワインのカテゴリーなのですが、AOCローヌだとまだ手が届くのでありがたいですね。

しかし、普段箱ワインをデフォルトにしていると、贅沢ワインであることには変わりありません。気分を高めたいときの夕食時に登板させました。

まず色が凄くキレイなピンク。ワタクシ、何を隠そう必衰のピンク好きなので、ピンクの色合いには口うるさいのです。

ボトルのデザインもトラディショナルな雰囲気で、視覚からの情報で既に美味しかったりします。

味は至ってニュートラルですが、苦辛系ロゼなので私の好み。

ギガルブランドをこの値段で楽しめるって意味合いも含めて満足度高いですよ。

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

鮭とキノコの和風パスタと生ハムサラダでマリアージュ成立。

再現性の高いレシピリンク載せておきますので、同じワイン飲む時はぜひ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。