スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

やや甘口表記が的確表現、中途半端な甘口ワイン。

バレドクトーブル ジュランソンモワルー ハーフ 2019

Ballet d’Octobre Jurancon Moelleux half

参考小売価格:1650円(ハーフサイズ価格)

産地:フランス・シュドウエスト・ジュランソン

品種: プティ・マンサン 

購入元:かめや

インポーター:モトックス

結論から言います。

久々の(私にとっては)地雷ワイン。

甘口期待して飲みましたが、インポーター説明の【やや甘口】って表現がピッタリの【中途半端に甘い】ワイン。

香りは南仏の辛口フルーティー系で、口に含むとほんのり貴腐香が残るタイプ。

人によっては辛口と甘口のいいとこ取りをしていると感じるかもしれませんが、私はグラス1杯でお腹いっぱい

フルボトル換算で3千円オーバーを考えると余計に苛立ちを感じます。

そう、値段的にも貴腐ワイン要素が強いことを期待しちゃってたんですよね。同じ価格でフルボトルだったら許容できるんですけど(汗)

あくまでワタクシの主観なので、このワインが好きな人や、関係各位の方々には申し訳ないですが、残りは炭酸割りで飲みます。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 炭酸割りで朝のみ!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。