オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

これなら福袋ガチャやったほうがいい?

ベリンジャー ナパ・ヴァレー・ルミナス・オーク・ノール・シャルドネ

Beringer Luminus Chardonnay

参考小売価格:6000円ぐらい

産地:カリフォルニア・ナパ・ヴァレー

品種: シャルドネ

購入元:アマゾン

インポーター:サッポロビール株式会社

2022年のアマゾン年末セールで購入していた庶民のワイン研究所セラー内最高値の白ワイン。気合位入れてお正月に開栓してみました。

初日は昼から飲んで酔っている状態で夜に味見程度。特段感動するような味でもないと冷めた感想しかでてきません。

翌日シラフの状態で真剣に飲み直してみると、高いワインの味がするけど、2千円のシャルドネ(インドミタデュエットあたり)で代替えできるクオリティ。

硬さを感じるバターやトースト。辛味を連想させる香り。余韻で雑味のある辛味で持続性は長め。甘いの苦手な人には甘く感じるし、辛いの苦手な人には辛く感じるグラデーションを飲み手がどう受け取るか。

しょっぱ辛くドライなタイプにも感じるので、合わせる料理で大化けは期待できる反面、定価6千円クラスは、ワインだけ飲んで感動する美味しさを求めてしまいますね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。