オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

新リリース?チリの定番銘柄にロゼ登場

インドミタ ミュゼット ロゼ 2021

INDOMITA MUSETTE ROSE

参考小売価格:1188円税込

産地:チリ

品種: ピノノワール

購入元:リカーマウンテン

インポーター:株式会社都光

チリの定番銘柄にロゼが新登場?

安ロゼは見つけたら購入するスタイルなのですが、インドミタにロゼが出てたのはノーマーク。それいけデイリーワインさんからの情報を得て、リカーマウンテンさんに突撃です。

地元のリカーマウンテンさんは駐車場がなく、オープンも夕方から。気合いを入れないと行く機会がないので久々の店内探索。普段ネットでどれだけ安く買えているか実感することになります。やはり、セットワインや福袋はチェックしておくべきですよ。迷ったら買いです。

さて、このワインですが、良い意味でも悪い意味でも予想の枠内に収まってきました。

サクランボの要素をメインにフルーティーなタイプ。酸味しっかり目でスッキリしてます。

種的な苦味がアクセントになっていて、ワンコインロゼ(ガブ飲み水っぽいロゼ)とは差別化されています。

ピノ・ノワールっぽさを感じることができなかったのですが、もともとロゼの品種を判別できるほどの有識者でもありません。これがピノ・ノワールのロゼと言われれば素直に受け止めます。

食事とワインを楽しむワインとしては優秀ですが、ワイン消費量が少ない層にはデュエットシリーズあたりでインドミタの実力を感じてもらいたいです。

本日の組み合わせ

酢どり。中華にはロゼ! キムチとはミスマッチ。かぼちゃの煮物も赤ワインの方がよかったかも。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com