オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

メルロの特徴を噛み締めながら

サンタ バイ サンタ カロリーナ メルロー

SANTA CAROLINA MERLOT

参考小売価格:748円

産地:チリ

品種: メルロ

購入元:リカーマウンテン(楽天)

インポーター:サントリー

一口目は青野菜要素とざらついた質感で極悪安赤ワインとしてのイメージ通りの味わい。

お好み焼きソースを口に含んだあと飲むとザラつきがなくなりスムースに飲めますが、食後はノーサンキューになります。

とはいえ、年始の企画でメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンをブラインドテイスティングするのですが、予習する意味でもメルローの特徴を噛み締めながら翌日飲み直してみました。

カベルネ・ソーヴィニヨンと比べると色調は若干薄め。ミディアムボディー表記も納得の濃さと言いますか、少し透過性がある赤紫色。

甘い草、バラやスミレ等、香りの第一印象は果実ではなく植物。

スルッと口に入りますが、酸味とタンニンしっかり目で、中盤は化粧っ気を感じさせながら余韻で力強いスパイス。明るい時間に飲むと喉がアルコールで焼けそうになります。

ワインだけで飲むとしょっぱい飲みにくいワインと結論づけますが、まぁ安ワインですからね。食事とともに相乗効果をねらうタイプです。お好み焼きとのマリアージュもバッチリでしたよ。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1743188082722214187

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。