オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

メルロの特徴を噛み締めながら

サンタ バイ サンタ カロリーナ メルロー

SANTA CAROLINA MERLOT

参考小売価格:748円

産地:チリ

品種: メルロ

購入元:リカーマウンテン(楽天)

インポーター:サントリー

一口目は青野菜要素とざらついた質感で極悪安赤ワインとしてのイメージ通りの味わい。

お好み焼きソースを口に含んだあと飲むとザラつきがなくなりスムースに飲めますが、食後はノーサンキューになります。

とはいえ、年始の企画でメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンをブラインドテイスティングするのですが、予習する意味でもメルローの特徴を噛み締めながら翌日飲み直してみました。

カベルネ・ソーヴィニヨンと比べると色調は若干薄め。ミディアムボディー表記も納得の濃さと言いますか、少し透過性がある赤紫色。

甘い草、バラやスミレ等、香りの第一印象は果実ではなく植物。

スルッと口に入りますが、酸味とタンニンしっかり目で、中盤は化粧っ気を感じさせながら余韻で力強いスパイス。明るい時間に飲むと喉がアルコールで焼けそうになります。

ワインだけで飲むとしょっぱい飲みにくいワインと結論づけますが、まぁ安ワインですからね。食事とともに相乗効果をねらうタイプです。お好み焼きとのマリアージュもバッチリでしたよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com