オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

お正月にとっておきのピノ・ノワール

ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・ピノノワール 2022

Julian Schaal Mountain Vineyards Pinot Noir 2022

参考小売価格:2970円

産地:南アフリカ

品種: ピノ・ノワール

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社マスダ

絶対に外せない時がある。

普段は未知のワインを飲むことに楽しみを見出しているのですが、ワインを普段飲まない人に勧める時は絶対に美味しいと思わせるワインである必要があります。

この「ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・ピノノワール 」は、昨年5月にアフリカーさんのピックアップワインとして購入し、庶民のワインSランクと称した間違いのないピノ・ノワール。

ビンテージ違いという不安材料は多少ありましたが、店主オススメセットの真打ちとして登板させてみました。

初日の第一印象は10点を期待してい6点程度。

香りは曲者系で薬草や梅を感じつつ、果実味がコーティングしているのでしっかりピノ・ノワールの要素を楽しめます。酸味主体で後味で甘みとタンニン。なぜ第一印象が6点なのかというと、誰が飲んでも美味しいと感じやすい陽気なピノ・ノワールと思いきや、悪く言えば閉じている印象だったから。

しかし、二口目から旨味が指数関数的に増加し、翌日、翌々日と思い描いていた10点ピノ・ノワールへと進化していきます。

第一印象でも平均値より高いピノ・ノワールであるものの、人に勧める時なんかは予めピークの状態を想定して準備しておくほうが良いでしょう。

本日の組み合わせ

お正月のドヤリングワイン。

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。