スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

村名wwのつもりが旨すぎて笑笑

ドメーヌ バール マルサネ レ フィノット 2017

Dom. Bart Marsannay Les Finottes 2017

参考小売価格:3500円

産地:フランス/ブルゴーニュ/マルサネ

品種: ピノ・ノワール

購入元:プレミアムワインセラー (楽天)

インポーター:ボンド商会

今年の新年福袋に入ってた1本。ブルゴーニュの村名ワインってだけでセラーの肥しになっておりましたが、貴族の「所詮マルサネでしょww」って声が聞こえてきたので「デイリーとしてあけてみました」。

ブルゴーニュ!!村名クラス!!ってワインに今まで何度も騙されてきたので、今回も全く期待していませんでしたが、香りでびっくり、飲んでうっとり、時間経過とともにポテンシャルUPワインです。

直近で飲んだ村名ブルゴーニュだと、1ヶ月前にシモンビーズのアロースコルトンが比較対象になるのですが、小売価格半分以下にもかかわらず満足度はこちらが2枚上手。

ポイントとしては、「妖美な獣感」と「官能なのにチャーミング」な親しみやすさ。

おそらくここが「ブルゴーニュ好き」が求めるポイントと、「大衆ワイン舌」の大きなズレで、庶民的感覚からすると、「若くてもすぐ飲めて、酸味とタンニンが抑えられたグイグイタイプ」的なワインが当研究所の好みだったりします。

もちろん飲む場面やシチュエーションによって大きく左右されることは言うまでもないですが、一人デイリーワインとして飲むなら気負わずガバ飲み出来る方が好きですね。。

ただ唯一の欠点とすれば、これ飲んだ後、ボルドーの濃いやつを飲みたくなってくるので、1本通しで飲もうとすると物寂しさが芽生えますよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):30点

生産地:4点

アロマ :7点

バランス :10点

余韻 :5点

複雑性:7点

買いやすさ:2点

主観:10点

総合得点:75点

庶民のマリアージュ

  • しゃぶしゃぶ
  • 牛のたたき
  • カツオのたたき
  • 馬刺し
  • オニオンサーモン(スシロー)
  • 豚肉の生姜焼き

当研究所が今気になってる間違いなさそうなワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。