イスラエル

悪口が見当たらない。誰が飲んでも分かりやすいピノ。

ヤルデン ピノ・ノワール 2016

YARDEN Pinot Noir 2016

参考価格:4000〜5000円

購入価格:葡萄屋さんのサイトがシステムトラブルで確認不可

産地:イスラエル

品種: ピノ・ノワール

購入元:葡萄屋

インポーター:株式会社ミレジム

庶民のワインポイント:3.28点

シャルドネで感動したヤルデンですが、カベルネとヴィオニエで値段以上の価値を見出せなかっただけに、今回のピノ・ノワールは不安で仕方ありませんでした。

しかし、Twitterで所々目にする情報によると評価は上々。ヴァンさんのブログでも褒められていたので、来客時のワインとしてストックしておりました。

本日は、高知の老舗ホテルのソムリエを招いてのワイン談議。まずはクリスマスイブに飲んだ「ヴォルネイ・オリヴィエ・ルフレーヴ」で、

「やっぱ、ピノはブルゴーニュだよね〜」

的な話で場を温めつつ、このヤルデン投入。

そして二人で節句。

決して、オリヴィエ・ルフレーヴと優劣を付けるわけでもないのですが、このヤルデンは、誰が飲んでも美味しいと思わせる魔法のパウダーがかかってそうな分かりやすい味わい。

ブルゴーニュの人気高ワインって

不味いって感じても不味いって言えない謎の空気感があって、それを、ヴィンテージがいまいちだとか、保存状態が悪かったね。なんて言い訳材料を出すことができるのです。

しかし、イスラエルなんかだと、無論そんな言い訳は通用しません。そうです。不味かったらフルボッコされるの前提で、「完璧に仕上げてきます。」

誰が飲んでも美味しく感じる魔法の味のピノ・ノワール。

絶対に外せない日にいかがでしょうか。

謎の空気感=マウントおじさんがかまし出す「君レベルの味覚には理解できないよ。笑」的な奴。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:1点

生産地:2点

買いやすさ:3点

意外とと取り扱い店舗は多いようです。

売り文句:ー

葡萄屋さんメンテナンス中

アロマ:5点

複雑性:4点

余韻:4点

たいがくんポイント:4点

文句の付け所がなくて逆にツマラナイと思うひねくれ者です。

総合評価:3.28点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント