スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

箱ワインの衝撃、バルデモンテ編

バルデモンテ ピノ・ノワール

Valdemonte Pinot Noir

参考小売価格:2400円ぐらい(3リットル)

産地:スペイン

品種: ピノ・ノワール

購入元:セラー専科(楽天)

インポーター:株式会社都光

以前紹介したグリューナー・フェルトリーナーで箱ワインの実力は理解したつもりだったのですが、これまた素晴らしいクオリティで度肝抜かれます。

箱ワインのコストパフォマンスを一度体験してしまうと、フルボトルワインに戻りにくくなります。

もちろんフルボトルは箱ワインを凌ぐ種類の多さが魅力なのですが、箱ワインの種類が増えてくると嬉しいです。

レバー引いて「ジャーーー」っとワインが出てくるのが気持ち良いですし、いくら飲んでも減らないので安心感があります。

ただし、皆様懸念される通り、飲み過ぎには気をつけたいところ。

当研究所では仮想飲み放題とし時間に縛りを設けることで飲み過ぎを回避。19:30以降完全に飲まないようにしてますよ。

さて、このワインの感想に移ります。

ピノ・ノワールとしては濃い温暖地域タイプ。香りも強めで、甘くて濃い味を身構えておりましたが、程よいタンニンでバランスが保たれてます。

多少アルコールが浮いている感じがありますが、余韻に向かって酸味がしまっていくので、悪い印象はありません。

匿名レビューのアマゾンでも「味わいに対しての評価は上々」なので、個体差もなさそう。

激安価格って事実が多少味わいに対しての評価を曇らせるものの、全力で先入観を払拭すれば、上代1980円のスペインワインに匹敵。

安スペインに抵抗が無い層には大絶賛間違いなしです!

追伸

店長さんの有益な箱ワインツイートがあったので、シェアしておきますね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。